9月の就職内定率90%

22年卒、オンライン浸透

© 一般社団法人共同通信社

2022年に卒業する大学生・大学院生の新卒採用の会社説明会に向かう学生ら=3月1日、千葉市

 就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルート(東京)は13日、2022年卒業予定の大学生の就職内定率が1日時点で90.0%だったと発表した。新型コロナウイルス禍の影響で採用活動が遅れた21年卒の同時期と比べ5.0ポイント上昇した。オンラインでの採用活動が浸透したことも上昇の要因とみられる。

 新型コロナ感染拡大前で「学生優位」の売り手市場とされた20年卒の同時期と比べると3.7ポイント下降した。

 学生が1日時点で内定を得た企業を複数回答で業種別に見ると、情報通信業が26.3%で最も多い。製造業(15.6%)が続いた。