マカオ民主派、初の議席ゼロ

立法会選挙、中国の統制強まる

© 一般社団法人共同通信社

12日、マカオ立法会選挙の投票所前で待つ有権者(マカオ政府提供、AP=共同)

 【広州共同】マカオで12日、立法会(議会、定数33)選挙が行われ、開票結果が13日判明、1999年のポルトガルから中国への返還以降初めて、民主派の議席がゼロとなった。「愛国者による統治」を求める中国が香港と同様に統制を強め、民主派は全員、出馬を禁じられた。

 直接選挙枠(14議席)の暫定投票率は前回(2017年)より14.84ポイント低い42.38%で、返還以降6回行われた選挙の中で過去最低だった。地元メディアによると、民主派排除への不満を示そうとの呼び掛けに応じ、白票数は過去最高だった。

 マカオは香港と同じ「一国二制度」が適用されている。