新型コロナ対策などを盛り込む 約85億円の一般会計補正予算案

© 奈良テレビ放送株式会社

 県は、新型コロナ対策などを盛り込んだ総額約85億円の一般会計補正予算案を発表しました。

 これによりますと、新型コロナ対策には約77億円が計上されています。主な事業には、希望する県民がワクチン接種をことし11月末までに完了できるよう接種体制の強化を図るのに28億7000万円、接種を終えた県民を対象に感染防止対策の認証を受けた飲食店で利用できる3000円のクーポン券を抽選で配布するのに7億5000万円などが盛り込まれています。このほか桜井警察署において現金2万円の拾得物の提出を受けた際、警察官が届け出た人に誤った引取期間を伝えたことにより、拾得者の所有権が喪失したことをうけ、2万円を賠償する議案も含まれています。9月定例県議会は16日に開会します。

この記事はいかがでしたか?