秋の息吹感じる 依水園

© 奈良テレビ放送株式会社

 国の名勝に指定されている奈良市の依水園(いすいえん)では、秋の訪れを感じさせる植物で彩られています。

 依水園の入口にある母屋には、ススキ文様の染付鉢が飾られていて、秋の訪れを感じさせます。また、季節の花を飾る氷心亭にはススキが活けられていて、ここでも秋を感じることができます。

江戸時代前期に作られた「前園」ではススキの穂が風になびいています。そして、明治時代に築かれた「後園」では、もみじがほんのりと色づき始め、本格的な秋の紅葉を期待させてくれます。

これから秋本番を迎え、色どり豊かになる依水園。9月下旬から10月にかけて見ごろを迎えます。