藤井聡太が新叡王、最年少三冠

10代初、豊島将之に3勝2敗

© 一般社団法人共同通信社

史上最年少の19歳1カ月で三冠を達成した将棋の藤井聡太新叡王=13日夜、東京都渋谷区の将棋会館

 将棋の藤井聡太二冠(19)が豊島将之叡王(31)に挑戦していた第6期叡王戦5番勝負第5局は13日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、111手で先手の藤井二冠が勝ち、3勝2敗で初獲得し三冠になった。19歳1カ月の3タイトル同時保持は最年少で10代初。全八冠のうち、三冠は現在の最多で渡辺明名人・棋王・王将(37)と並んだ。

 藤井新叡王は「今シリーズは際どい将棋が多かった。記録のことは気にしていない。対局が続くので、前を向いて行けたらと思う」と話した。これまでの最も若い三冠は1993年、羽生善治九段(50)の22歳3カ月で藤井新叡王は28年ぶりに更新した。

史上最年少の19歳1カ月で三冠を達成した将棋の藤井聡太新叡王=13日夜、東京都渋谷区の将棋会館(日本将棋連盟提供)
藤井聡太新叡王