立民、ジェンダー女性政策発表へ

枝野氏、次期衆院選に向け

© 一般社団法人共同通信社

 立憲民主党の枝野幸男代表は13日、オンライン形式で開いた党ジェンダー平等推進本部の会合で、次期衆院選に向け、女性やジェンダーに関する政策を新たに打ち出す考えを示した。女性差別撤廃条約に基づいて女性の権利擁護をさらに強化する。会議に先立つ記者会見で発表した政権公約第2弾とは別に、改めて公表すると表明した。

 枝野氏は、政権公約第2弾から女性政策を除いた理由について「全部を一つにすると、女性の項目が多くなるので、整理した」と説明した。

 政権公約第2弾では「多様性を認め合う差別のない社会」を目指すとして、選択的夫婦別姓や性的少数者平等法の実現などを挙げた。