上与那原選手に国際栄誉賞を贈呈 東京パラで二つの銅メダル

© 株式会社沖縄タイムス社

武富和彦沖縄タイムス社長(右)から「沖縄タイムス国際栄誉賞」を受賞した上与那原寛和選手=13日、沖縄タイムス社(撮影のためマスクを外しています。下地広也撮影)

 沖縄タイムス社(武富和彦社長)は13日、東京パラリンピック陸上男子車いすT52の400メートルと1500メートルで二つの銅メダルを獲得した上与那原寛和選手(50)=SMBC日興証券=に沖縄タイムス国際栄誉賞を贈った。

 那覇市の同社であった贈呈式で上与那原選手は「多くの支援を頂き、仲間と切磋琢磨(せっさたくま)して、ここまでこられた」と偉業を支えてきた関係者に感謝。3年後のパリ大会に向けて「一つ一つステップアップしながら歩んでいきたい」と飽くなき向上心を示した。

 13年前の北京大会のマラソンで取った銀メダルに続き、県民では前人未到の三つのメダル。武富社長は「年齢を重ねても記録を伸ばす精神力、技術力に感動した。県民として誇りに思う。世界選手権やパリでぜひ活躍してほしい」と激励。「持っていない色のメダル」という表現で金メダルに期待を寄せた。