【13日】新型コロナ 長崎県内10人感染 80代女性死亡

© 株式会社長崎新聞社

13日発表の市町別感染者数(左)、新型コロナウイルス感染者の入院状況 (12日午後7時現在)

 長崎県などは13日、県内で新たに10人の新型コロナウイルスの感染を確認したと発表した。内訳は佐世保4人、長崎3人、雲仙、西彼長与、北松佐々各1人。県は、入院中だった諫早市の80代パート女性が12日に亡くなったと発表した。県内の死者は71人になった。
 佐世保市では、市教委の60代女性職員ら計3人が、市内陽性者の同居家族や親族で、濃厚接触者として検査した。市教委職員は濃厚接触者となって以降2週間は出勤しておらず、市民らとの接触はないという。
 雲仙市の1人は市地域振興部の50代男性職員。職員は9日以降、市民や事業者と接触していないという。市は職場を消毒し通常通り業務を実施している。
 佐々町の年代性別非公表の1人は町立の学校関係者。同校では、12日までに別の1人の感染も確認されており、佐々町教委は同校の1学級を13日から3日間学級閉鎖とした。
 長崎市の20代男性と佐世保市の1人は感染経路が分かっていない。