矢部ー蘇陽区間のルート3案を公表 九州中央道で国交省

©株式会社熊本日日新聞社

 国土交通省九州地方整備局は13日、九州横断自動車道延岡線(通称・九州中央自動車道)の熊本県内の矢部-蘇陽区間の整備ルート3案を公表した。自動車専用道路(設計速度時速80キロ)を新設する2案と、現道の国道218号の改良案(同時速60キロ)で、今後、沿線住民や有識者らの意見を聞いて絞り込む。

 福岡市で開かれた社会資本整備審議会道路分科会の九州地方小委員会で説明した。ルートの確定や着工の時期は未定としている。

 自動車専用道路の新設案のうち、拠点間を最短で結ぶ北側ルート案は距離約14キロで、費用は1150億~1250億円かかる。南側ルート案は約15キロと北側案より距離は長いが、国道218号や集落とのアクセスが良く、費用は950億~1050億円。いずれも中間インターチェンジの設置を想定している。

 国道218号の改良案は約16キロ。現道の4車線化を軸とし、費用を1050億~1150億円と見込んでいる。

 九州中央道は嘉島町と宮崎県延岡市を結ぶ約95キロで、嘉島ジャンクション-山都中島西インターチェンジ区間など計30・8キロが開通している。矢部-蘇陽区間は2019年、事業化の前段階となる「計画段階評価」の手続きに入った。(宮崎達也)