日本卓球協会が代表選考基準を大幅変更のウラ 2022年から過去の実績が“チャラ”に…

© 株式会社日刊現代

エースの心中は…(C)JMPA

日本卓球協会が2024年パリ五輪の日本代表選考方法の変更を決断した。従来の世界ランキング重視型を廃止し、日本協会独自のポイント制を採用。来年3月に開催予定の第1回選考会(兼22年世界選手権選考会)の優勝者は50点、2位は45点、3位は40点を獲得する。既存の世界選手権やアジア大会、全日本選手権、国内セミプロリーグ「Tリーグ」での成績もポイントの対象になり、パリ五輪1年前となる23年からはポイントが2倍に。ラストスパートも可能になる。

シンプルな世界ランクによる選考から、わざわざ複雑な独自のポイント制に改めるワケは、これまで世界ランクに大きく影響していたワールドツアーが、新設された国際大会の新シリーズ「WTT」に切り替わるからだ。

このWTTは世界ランク上位しか格付けの高い大会に招待されず、公平性を保てないと判断したためだという。コロナ禍で開催自体も不透明な状況が続いていることも決断の一因となったようだが、日本卓球界にとっての壁は中国。それは東京五輪でも明白だった。中国のトップ選手が出場するWTTを選考大会の対象から外すことへの疑問も噴出している。

■伊藤美誠をTリーグに引きずり出すため?

さらに、選考方法変更の裏には、人気低迷が続くTリーグの格上げを狙う動きもあるという。Tリーグが選考対象大会になれば自然と注目も集まり、これまで不参加を貫いてきた伊藤美誠(20)も参加へ踏み切る可能性が出てくる。東京五輪のミックスダブルスで史上初の金メダルを獲得した「看板娘」の参戦となれば、リーグの扱いも変わる可能性が高い。関係者の中では「伊藤をTリーグに引きずり出すための強硬手段に出た」ともっぱらだ。

来年からは全選手が0ポイントからの一斉スタート。若い無名選手の躍進も期待される。その一方で、メダルを3つ取った直後にこれまで積み重ねてきた実績を“チャラ”にされた伊藤美誠の心中やいかに。