日銀長崎支店長に鴛海氏 下田氏、本店決済機構局へ

© 株式会社長崎新聞社

鴛海健起氏

 日銀は13日、新しい長崎支店長に本店金融機構局参事役の鴛海健起(おしうみたけゆき)氏(49)を充てる人事を発表した。現支店長の下田尚人氏(51)は本店決済機構局参事役に就く。いずれも同日付。
 鴛海氏は長野県出身、早稲田大政治経済学部卒。1995年に入行し、名古屋支店営業課長や金融機構局考査企画課長、同局金融第2課長などを経て、2020年7月から同局参事役。
 下田氏は19年8月から長崎支店長を務めた。新型コロナウイルス感染拡大後、本県の経済、産業の動向を幅広い視点で分析し、産学官などに提言。長崎地域の経済活性化策を議論する「長崎サミット」で進行役を務めた。
 両氏は交代に当たり、22日に長崎支店で記者会見する。