都内の83人搬送されず

コロナ自宅療養患者

© 一般社団法人共同通信社

 新型コロナウイルスに感染して自宅療養中などに症状が悪化し、6~12日の1週間に救急搬送を要請した東京消防庁管内の患者330人のうち、保健所判断などで83人が搬送されなかったことが14日、同庁への取材で分かった。

 同庁によると、搬送された247人のうち、救急搬送要請から医療機関到着までの時間が1時間以上3時間未満は170人、3時間以上5時間未満は3人だった。

 同庁は1週間ごとの新型コロナ患者の搬送者数などを7月12日から集計。搬送されなかった人は4週間前(8月9~15日)の1414人をピークに減少が続いている。