西川きよしが前立腺がん発見秘話明かす ヘレン夫人の進言で検査を受けた

© 株式会社東京スポーツ新聞社

西川ヘレン(左)と西川きよし

お笑いタレント・西川きよし(75)、西川ヘレン(74)が14日、都内で「医師への相談を『おくらせない手紙』キャンペーン kick―offイベント」に出席した。

きよしとヘレンは、前立腺がんの進行症状を見過ごしたり、我慢することなく、医療機関を受診することなどを啓発するイベントに、スペシャルゲストとして登場した。

きよしは2015年に、前立腺に針を刺し、針先に腫瘍が付くかどうかを調べる検査「針生検」を受けた結果、前立腺がんが判明。2016年に手術を受けた。

きよしは、マイクを両手で握りしめ「本当に前立腺がんが発見された時はショックでした…」「笑顔を作らなければいけないお仕事なのに。がんと聞いた時は、もう本当にガックリしました…」と語った。

診察を受ける以前から、頻尿による体調の異変を感じていたが「まだお医者さんに行くほどではないだろう、と勝手に自分で診断してしていた」などと明かした。

そんなきよしに、検査を受けるよう進言したのはヘレンだったという。

当時について、ヘレンは「あの時、主人に『先生にご相談しよう』と強く言った。ひょっとして遅れていたら、もっと(がんが)進んでいたかも知れない」「夫婦だからこそわかることってある」と振り返った。