奈良の医療従事者が4回接種

「身を守るためだった」

© 一般社団法人共同通信社

インド由来の新型コロナウイルス変異株「デルタ株」の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 奈良県斑鳩町は14日、同町の医療従事者の50代男性が、新型コロナウイルスのワクチン接種を5~8月に計4回受けたと明らかにした。県外で医療従事者の優先枠を利用して2回の接種を済ませた後、初回だと虚偽申告して一般町民枠でも2回受けた。「身を守るためだった」などと説明しているという。

 町によると、現時点で男性の体調に異変はない。5月18日と6月11日に医療従事者の優先枠で、町民枠で7月25日と8月15日に接種を受けた。ワクチンは4回とも米ファイザー製だった。

 5月の接種の記録が8月下旬に町に届き、記録の照合と男性への確認で4回の接種が分かった。