パナ、工場の副産物で水素発電

トクヤマと実証実験

© 一般社団法人共同通信社

実験で使用されるパナソニックの純水素型燃料電池

 パナソニックは14日、化学メーカー、トクヤマの工場で副産物として発生する水素を使って発電する実証実験を始めたと発表した。国内では過去最多となる純水素型燃料電池6台を連携させ、発電出力を制御する。水素社会の到来を見据え、連携制御のノウハウを蓄積したい考えだ。

 トクヤマの徳山製造所(山口県周南市)で化学製品を生産する際に発生する水素を燃料電池に供給。1台の燃料電池の出力は700ワットで、6台を組み合わせることで出力を最大4.2キロワットまで任意に設定できるという。

 生み出された電力は製造所内の事務室で使うほか、発電時に出る熱も温水として回収し、有効利用する。