旭川で堤防点検 台風シーズンに備える 岡山

© 株式会社瀬戸内海放送

14日、台風シーズンに備えて岡山市の旭川で堤防の点検が行われました。

岡山河川事務所が毎年、春と秋に行っている堤防点検です。河川事務所の職員ら24人が旭川と百間川の堤防、約60キロを点検しました。

8月中旬の大雨で旭川は水位が上昇し、水防団が活動の準備を始める目安まで達しました。その影響が堤防にも出ていました。

(記者リポート)
「こちらの堤防ではコンクリートの護岸がむき出しとなっています」

岡山市中区中島の旭川の左岸では、約25メートルに渡って土が削られていたことが確認されました。堤防の機能には問題はないということです。

職員らは、タブレットで写真を撮影し、過去の写真と見比べて異常が発生していないか確認していきました。岡山河川事務所によりますと、午後3時時点で、2カ所の堤防で損傷が見つかったということです。

(岡山河川事務所/乗松晃生 総括保全対策官)
「台風期なので、本日見つかった損傷については速やかに、今週中には補修を行って安全を守れる形にしたい」

15日と16日には高梁川水系と吉井川水系で堤防の点検が行われます。