女性渋滞予報士デビュー ドライブシーズンの活躍に期待 東北では初めて〈宮城〉

© 仙台放送

東北で初めて女性の「渋滞予報士」がデビューしました。ドライブシーズンの活躍が期待されます。

渋滞予報士としてデビューしたのは、有賀しほりさんです。渋滞予報士とはその名の通り、交通渋滞の発生予測を専門とする担当者で、有賀さんはNEXCO東日本東北支社で初めての女性予報士です。

渋滞予報士 有賀しほりさん

「工事渋滞とは工事の規制により車線数・車線幅員が減少することによって発生する渋滞のことです」

現在、東北自動車道では、青森県の大鰐弘前インターから福島県の郡山南インターまでの区間で老朽化に伴うリニューアル工事が行われていて、有賀さんは今後の渋滞状況を予測。

宮城県内では、白石インターチェンジから福島県の国見インターチェンジの区間について、日曜日の上り線で夕方の16時から18時を中心に、下り線では午前10時から11時を中心に渋滞が予測されるとし、とくに10月10日と24日は上り線で比較的大きな渋滞が予測されるとしています。

間もなく本番となる、秋のドライブシーズン。NEXCO東日本では、出かける際にホームページに掲載している最新の交通情報などを活用してほしいと呼びかけています。