「中野電車区」100周年グッズ

JR東日本、21日販売会

© 一般社団法人共同通信社

JR中央・総武線各駅停車の運転士が所属する「中野電車区」100周年を記念したヘッドマーク。21日から電車に取り付けて運行する

 JR東日本東京支社は14日、中央・総武線各駅停車の運転士が所属する「中野電車区」100周年を記念したグッズを売り出すと発表した。21日午後3時から新宿駅ミライナタワー改札の外で販売会を開く。

 東京支社によると、1921年7月10日に「中野電車庫」として開設され、36年に名称が電車区に変わった。現在は運転士ら約240人が所属している。

 グッズはキーホルダー(770円)やクリアファイル(440円)など。インターネットでの販売も今後検討する。

 記念のヘッドマークを付けた電車も21日から来年3月上旬ごろまで運行する。

この記事はいかがでしたか?