サッカー=名古屋が逆転でACL8強入り、シュビルツォク3得点

© ロイター

[香港 14日 ロイター] - サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は14日、決勝トーナメント1回戦を各地で行い、名古屋は大邱(韓国)に4─2の逆転勝利を収め、準々決勝に進出した。

名古屋は試合開始4分に先制点を許したが、前半12分にシュビルツォクが同点弾を決めた。同28分に再び勝ち越されたものの、後半18分、20分とシュビルツォクが立て続けにネットを揺らしハットトリックで逆転。その後、中谷進之介が1点を加えて突き放した。

昨季J1王者の川崎は蔚山(韓国)と対戦し、延長を終えても0─0で決着がつかずPK戦の末に敗れた。

川崎はPKで長谷川竜也、シミッチ、家長昭博の3人が決められず、2─3で屈した。