「12歳以上の子ども接種を」3団体が提言

© 琉球放送株式会社

沖縄小児科学会などは15日会見を開き、新型コロナウイルスのワクチン接種についてメリットがリスクを上回るなどとして12歳以上の子どもと保護者に対し接種をするよう提言しました。

「(メリットが)リスクを大きく上回ると考え、12歳以上の子どもたちのワクチン接種をおすすめします」(沖縄小児科学会の中西浩一会長)

県小児科学会など小児医療にかかわる県内3団体の会長が15日、県庁で会見を開き、12歳以上のこどもと保護者に対し、ワクチン接種を受けるよう提言しました。
県によりますと、20歳未満の感染者が全体の3割に達するなど県内ではデルタ株の広がりにより、子どもの感染者数が増えています。
3団体はワクチン接種について発熱や倦怠感などのリスクに対し、予防効果や周囲への感染を抑えるメリットが上回るとして、接種を推奨しています。

(2021/09/15 11:49)