V長崎大勝 山形に5―1 植中がハット達成 サッカーJ2第25節最終日

© 株式会社長崎新聞社

【V長崎-山形】前半45分、V長崎の植中(右)が自身2点目のゴールを決める=諫早市、トランスコスモススタジアム長崎

 明治安田J2第25節最終日(14日・トランスコスモススタジアム長崎ほか=2試合)V・ファーレン長崎は山形に5-1で大勝した。5得点はクラブ最多タイで、通算成績は15勝6分け8敗(勝ち点51)。順位は暫定8位から7位に浮上し、3位新潟と勝ち点で並んだ。
 V長崎は前半18分、植中からのパスを受けたエジガルジュニオがシュートを放ち、ポストに当たったはね返りを自ら決めて先制。35分には毎熊のペナルティーエリア右へのパスをダイレクトで合わせた植中のJ初ゴールで加点した。
 植中は45分、山崎からのラストパスを冷静に蹴り込むと、後半6分にもカイオセザールのゴール前への折り返しを流し込んでハットトリックを達成。V長崎ではJ1時代の2018年9月、鈴木武蔵(現ベールスホット)以来の快挙となった。その後1点を失ったが、途中出場の玉田が20分に5点目を奪った。
 この日の2試合は大雨での日程変更分。これで全チームが29試合を消化した。第30節は18、19日、各地で計11試合を実施。V長崎は18日午後7時から、東京都町田市の町田GIONスタジアムで町田と対戦する。