「遺族に申し訳ない」と飯塚被告

© 一般社団法人共同通信社

 東京・池袋の乗用車暴走事故で禁錮5年の判決を受け、控訴しない方針を固めた旧通産省幹部の飯塚幸三被告(90)は15日、関係者に「遺族に申し訳ない。判決を受け入れたい」などと話した。