迫る総裁選告示…投票用紙の準備始まる 自民党熊本県連

© 株式会社熊本日日新聞社

自民党総裁選で党員・党友が使う投票用紙の準備を進める党県連女性局のメンバーら=15日午前、熊本市中央区(潮崎知博)

 自民党熊本県連は15日午前、党総裁選で県内の党員・党友が使用する投票用紙の準備を始めた。17日の告示で、候補者が複数と確定してから、対象の約2万4千人に発送する。

 県庁そばの県連会館で、女性局のメンバーら約50人が、党員らの住所や氏名が記されたシールを投票用紙に貼り付けた。党員・党友票の締めきりは28日。29日に全国集計する。党員・党友票は383票の地方票として比例配分され、同じ数の国会議員票と合算して新総裁を決める。

この記事はいかがでしたか?