孫氏、日本復活の鍵は「スマボ」

AI搭載ロボの活用訴え

© 一般社団法人共同通信社

講演するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(15日の配信映像より)

 ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は15日のオンラインイベントで講演し、日本経済の復活の鍵は人工知能(AI)搭載のスマートロボットだと力説した。労働人口が減る中、あらゆる産業で生産性の高いロボットを導入すれば競争力を高められると訴えた。

 孫氏はスマートロボットを「スマボ」と呼んで「AIで自ら学習し、臨機応変に動いていく」と説明した。携帯電話市場で「ガラケー」から「スマホ」への乗り換えが進んだように、産業用ロボットも「スマボが一瞬で塗り替えていく」と予想してみせた。

 「スマボ」を活用すれば生産性が大きく向上し、1台で10人分の競争力を持つとも指摘した。