中国、持続可能な開発ビッグデータ国際研究センターを設立

©新華社

中国、持続可能な開発ビッグデータ国際研究センターを設立

 8日、中国科学院北京新技術基地に設立された持続可能な開発ビッグデータ国際研究センターのSDG意思決定支援・総合展示ホールで記念撮影する研究者ら。(北京=新華社記者/金立旺)

 【新華社北京9月15日】中国北京市で6日、ビッグデータを使って国連の「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に貢献する世界初の国際研究機関「持続可能な開発ビッグデータ国際研究センター」が設立された。同センターは、中国科学院が建設を主導し、主に持続可能な開発目標(SDGs)実現に向けた研究需要に応える。学際融合によりビッグデータ・クラウドサービスシステムを構築し、世界規模のSDGsモニタリング・評価システムを確立する。持続可能な開発に関する研究で世界的に影響力を持つビッグデータ国際研究センターとして、国連と中国のアジェンダ実施を科学技術面から支援する。

中国、持続可能な開発ビッグデータ国際研究センターを設立

 8日、「持続可能な開発ビッグデータプラットフォームシステム」でプラットフォームの運用状況を監視する研究者。同プラットフォームは、中国が初めて構築したSDGs実現のためのビッグデータクラウドサービスインフラで、一般市民や研究者、政策決定者など異なるユーザーにデータ計算や分析、展示、共有などのサービスを提供する。(北京=新華社記者/金立旺)

中国、持続可能な開発ビッグデータ国際研究センターを設立

 8日、中国科学院北京新技術基地に設立された持続可能な開発ビッグデータ国際研究センターで、無人機プラットフォームで取得したマルチソース超高解像度地上観測データを3次元再構築する研究者。(北京=新華社記者/金立旺)

中国、持続可能な開発ビッグデータ国際研究センターを設立

 8日、中国科学院北京新技術基地に設立された持続可能な開発ビッグデータ国際研究センターで、自主開発した多方向型航空測量用カメラを見せる研究者。(北京=新華社記者/金立旺)

中国、持続可能な開発ビッグデータ国際研究センターを設立

 8日、中国科学院北京新技術基地に設立された持続可能な開発ビッグデータ国際研究センターで「持続可能な開発のためのビッグデータプラットフォームシステム」の運用状況を監視する研究者。(北京=新華社記者/金立旺)

中国、持続可能な開発ビッグデータ国際研究センターを設立

 8日、中国科学院北京新技術基地に設立された持続可能な開発ビッグデータ国際研究センターで「持続可能な開発のためのビッグデータプラットフォームシステム」の運用状況を監視する研究者。(北京=新華社記者/金立旺)

中国、持続可能な開発ビッグデータ国際研究センターを設立

 8日、中国科学院北京新技術基地に設立された持続可能な開発ビッグデータ国際研究センターの科学研究棟。(北京=新華社記者/金立旺)