週末にかけて天気荒れる

©株式会社ウェザーマップ

16日(木)は、西日本の太平洋側を中心に雨が降るでしょう。特に夕方以降は、四国で局地的に激しく降る見込みです。東京など東日本の太平洋側は雲が取れにくい一日で、日差しがあっても一時的でしょう。一方、北陸や東北北部、北海道は朝からすっきりと晴れる所が多く、内陸を中心に朝と昼の気温差がかなり大きくなりそうです。

動きの遅い台風14号は、16日(木)には次第に進路が定まってくる予想です。その後、17日(金)朝までに温帯低気圧に変わりますが、東進を続けるため広い範囲に影響を及ぼすおそれがあります。17日(金)から18日(土)朝にかけて、西日本は暴風やうねりを伴った高波に警戒・注意をして下さい。18日(土)は、西・東・北日本の広範囲で、強風、高波、大雨などに対して注意・警戒が必要となります。

気象予報士・高橋 和也

画像について:16日の天気予報。