渡辺直美、デビュー当時から続く“恐怖体験”を告白「もう一人の自分がいる」

©吉本興業株式会社

9月4日(土)、渡辺直美がYouTube公式チャンネル『NAOMI CLUB』に動画をアップ。デビュー当時から続いているという恐怖体験を明かしました。

恐怖体験を告白「もう一人の自分がいる」

出典: NAOMI CLUB

今回の生配信では、これまでに体験した「もう一人の自分がいる」という不思議な出来事を告白しました。

街を歩いていると、度々ファンから「似ているって言われるんです」と声をかけられるという直美。しかし顔の雰囲気やパーツなどは似ているものの、よく見ると似ていないというパターンが多かったのだとか。

出典: NAOMI CLUB

そんなある日、いつも担当してもらっているヘアスタイリストから、電話で「今表参道で直美さんを見ました! マネージャーさんとタクシーに乗っていましたよね」という連絡がきたのだとか。

ところが、その時直美は自宅で食事中。似た人物を見間違えたのかと思いきや、何年もほぼ毎日一緒にいるヘアスタイリストでさえも見間違えるようなそっくり具合とのこと。さらにファンに向かって手を振っており、まさに本人そのものだったそう。

この1年後には、親交のある俳優・寺島進からもタクシーに乗っているところを見かけたという電話があったそうで、その時も直美は自宅にいたと明かします。

そっくりさんがオーディションに参加

出典: NAOMI CLUB

そっくりさんが度々目撃されている直美ですが、実はデビュー当時からこの奇妙な出来事が続いているよう。

というのも、とあるモノマネ番組のリハーサル中に、見覚えのないモノマネショーの関係者から「実は直美さんがテレビに出る前にオーディションに来てくださって。あの時ビヨンセを踊ってくれていて……」と話しかけられたものの、直美にとって全く記憶にない話だったため困惑したと言います。

出典: NAOMI CLUB

モノマネショーの関係者いわく、2008年にオーディションを受けて合格したところ、“いいとも少女隊”が決まったことを理由に辞退したのだとか。

ところが直美は吉本以外の舞台に出ることはないため、オーディションを受けるのはありえないこと。直美にそっくりな別人が成り済ましてオーディションまで受けているという事態に、「怖くない?」と胸中を打ち明けました。

ファンからはこのエピソードに「ドッペルゲンガーの話、結構ガチで怖い」「直美ちゃんのドッペルゲンガー説(?)は本気で怖かった」など、恐怖を感じる人が続出。また「双子なんじゃない?笑」「パラレルワールドから迷い込んで来てる?」「生き霊とばしてるのかな????笑」など、様々な反応が寄せられました。