福島市 大規模集団接種は10月6日から

© 株式会社福島中央テレビ

県が中核市3市と共同で行う大規模集団接種について、福島市では基礎疾患のある人を対象に、先行して集団接種を実施する。

県は福島市、郡山市、いわき市に大規模接種会場を設ける予定で、使用されるのはモデルナ社製のワクチンあわせて2万8000人分。

このうち福島市には1万人分が配分された。

福島市では基礎疾患がある1500人を対象に先行して10月6日から集団接種を始める予定だ。

9月16日から18日までオンラインで予約を受け付ける。

残りの8500人分については約6500人を福島市民、飯舘村民、福島市への避難者へ、2000人分をそれ以外の県民分としていて、予約日などは現在調整中という。