台湾 戦闘機が道路で離着陸 中国の攻撃に備え訓練

©FNNプライムオンライン

台湾周辺での中国の動きが活発になる中、台湾軍が中国の攻撃に備えた訓練を行った。

台湾軍は15日朝、南部の屏東県で、中国の攻撃で空港や基地が使えなくなったという想定で、幹線道路を滑走路に見立て、F-16戦闘機などが離着陸する訓練を実施した。

訓練には、蔡英文総統も迷彩服姿で出席し、一連の訓練を視察したあと、隊員たちをねぎらった。