新型コロナ直撃、スポーツ合宿7割減 大会やキャンプ中止 20年度・鹿児島県

© 株式会社南日本新聞社

徳之島のスポーツ合宿の拠点となっているサンセットリゾート=天城町平土野

 鹿児島県は、2020年度の県外からのスポーツキャンプ・合宿受け入れ実績をまとめた。延べ人数は、前年度比71.4%減の4万5945人、実人数は同80.4%減の7257人で、団体数は1785減の383団体だった。

 延べ人数の減少は6年ぶり。1999年度の調査開始以降、延べ人数と実人数は過去3番目、団体数は5番目に低い結果となった。新型コロナウイルスの影響で大会やキャンプの中止が相次いたほか、県外での誘致活動を自粛したことが影響した。

 種目別では、陸上競技が延べ1万5486人と最も多く、33.7%を占めた。奄美地域に継続的に来訪する実業団の合宿中止が少なかったほか、大崎町に19年に完成した陸上競技専用施設で受け入れがあり、減少率も28.3%と最少に抑えられた。

 市町村別の延べ人数と団体数は奄美市、実人数は鹿屋市が最多だった。

関連表・合宿受け入れ実績