細田氏「なます吹くはいけない」

原発積極活用の考え示す

© 一般社団法人共同通信社

 自民党の細田博之元幹事長は15日、東京電力福島第1原発事故に関連し「事故に懲りてなますを吹くようなことではいけない」と述べ、原発を積極的に活用するべきだとの考えを示した。原発の建て替え推進を目指す議員連盟の会合で語った。

 一度の失敗に懲りて必要以上に用心することを意味する「あつものに懲りてなますを吹く」を原発事故に重ねた発言で、事故を軽視していると受け取られかねず、議論を呼ぶ可能性がある。

 細田氏は「大津波によって起きた事故だが、原子力発電を使うのをやめようという議論に結びつける必要はない」とも語った。