世界人口70%にワクチンを

米大統領、首脳会議で呼び掛けへ

© 一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポストは14日、ホワイトハウスが新型コロナウイルスに関するオンライン首脳会議を22日に主催、バイデン大統領が「来年9月までに世界人口の70%がワクチンを接種する」目標を打ち出す予定だと報じた。各国政府や国際機関に連携を呼び掛ける。21日から始まる国連総会一般討論に合わせた日程となる。

 同紙が入手した会議の招待状によると、バイデン氏は各国首脳や国際機関トップ、非政府組織(NGO)の代表らに、パンデミック(世界的大流行)を終わらせるための協力を訴える。