『インディ・ジョーンズ』最新作、ノロウイルス感染でまたもや撮影が難航

© BANG Media International

「インディ・ジョーンズ」シリーズ最新作の撮影が、今度はノロウイルス感染により再び難局を迎えている。ハリソン・フォードがタイトルロールを続投する同人気シリーズ第5弾の撮影現場であるロンドン近郊のパインウッド・スタジオでは、嘔吐や微熱などを起こす同ウイルスに50人以上が感染したという。

同新作の撮影は、ハリソンがスタントシーンのリハーサル中に肩を負傷したことで3か月休止した後、先日再開が報じられていたばかりだった。

また今回のノロウイルス感染はコロナウイルス感染と並び、同地で撮影が行われている「アントマン」シリーズ最新作にも影響を及ぼしているという。

ある関係者はザ・サン紙にこう話している。「クルーは次々病気になっています。またコロナですでに多くが出てこれない状態ですから、2重苦ですね」「映画2本に影響が出ています。50人以上が感染しています。しかし幸運なことに大スター達はそれに含まれていません」

一方で先日には、「インディ・ジョーンズ」シリーズ最新作でハリソンと共演しているフィービー・ウォーラー=ブリッジが、今回でインディ役を降板するハリソンに代わり、次作ではタイトルロールを引き継ぐことを製作陣が熱望していると報じられていた。