ススキゆらり秋の気配 熊本県内、平年より6日早く開花

© 株式会社熊本日日新聞社

阿蘇外輪で風に揺れるススキ=15日午後6時ごろ、西原村

 熊本地方気象台は15日、秋の気配を感じさせるススキの開花を観測した。平年に比べて6日早く、昨年よりも1日遅い。

 夕暮れ時になった西原村の阿蘇外輪では、山肌を覆うススキが涼風に吹かれ、ゆらゆらと揺れていた。

 15日、県内の大半は気温が20度程度の涼しい朝を迎えたが、日中は強い日差しで気温が上昇。18観測地点中14地点で、最高気温が30度以上の真夏日となった。

 16日の県内は、湿った空気や前線の影響でおおむね曇り。所によって雨や雷雨となる。(高見伸)