被災者生活再建支援法 大雨被害の雲仙、波佐見に適用 長崎県内初

© 株式会社長崎新聞社

 長崎県は15日、8月の大雨で被災した雲仙市と東彼波佐見町に「被災者生活再建支援法」を適用したと発表した。県内での適用は初めて。
 県によると、今回の大雨で2市町は各2世帯が全壊した。人口5万人未満で住宅全壊2世帯以上の適用要件に該当した。
 法適用に伴い被災世帯は、公益財団法人都道府県センターと国から住宅の被害や再建方法に応じて最大300万円の支援金を受け取れる。全国では15日午後3時現在、広島県が1市、佐賀県が2市町、長野県が1町を適用している。
 同法の適用外となる市町の被害住宅に対しては、本県独自の被災者生活再建支援制度を適用し支援金を支給する。