台風14号 県内あす(17日)最接近か 大雨の恐れ

© 広島ホームテレビ

九州で非常に激しい雨をもたらしている「台風14号」。

西日本に上陸し、県内でも大雨となる恐れが出てきました。

台風は東シナ海をゆっくり北上し次第に進路を北東へ変え、あす(17日)にも西日本に上陸する見込みです。

気象台によりますと、県内では17日の夜遅くから18日未明にかけて

最も接近すると予想されています。

【広島地方気象台】

「西日本に近づいてくるころには温帯低気圧になる予想でしたが、

台風として今後中国地方を通過していく見込み」。

1時間の降水量は、南部北部ともに50ミリの非常に激しい雨の予想で、

最大風速は南部で20メートル、北部で15メートルとなっています。

この台風の影響で、JRでは17日午後から在来線の運転とりやめや、

行き先の変更などを行う可能性があるということです。

先月の記録的な大雨に続き、台風の接近で再び被害が出る危険もあります。

河川の氾濫や土砂災害などに警戒が必要です。