飯島氏「党員票無視なら大打撃」

自民総裁選巡り講演

© 一般社団法人共同通信社

共同通信放送協議会運営委員会で講演する飯島勲内閣官房参与=16日午後、東京都港区

 飯島勲内閣官房参与は16日、共同通信放送協議会運営委員会で講演し、自民党総裁選は党員・党友による地方票で1位になった候補者が当選するのが望ましいとの考えを示した。直後に衆院選が実施される政治日程を踏まえ、国会議員票の比重が大きい決選投票で地方票の結果が覆されれば「党員の意思を無視した自民党として衆院選で大打撃を受ける」と述べた。

 飯島氏は自民党の小泉純一郎元首相の秘書官を務めた。小泉氏は2001年の総裁選に出馬し、地方票で圧倒して勝利を収めた経緯がある。