石川県で震度5弱、津波発生せず

震源は能登、M5.1

© 一般社団法人共同通信社

各地の主な震度

 16日午後6時42分ごろ、石川県で最大震度5弱を観測する地震があった。気象庁によると、震源地は同県能登地方で震源の深さは約13キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5.1と推定される。津波は起きなかった。

 政府は地震発生を受けて首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。

 県によると、けが人やインフラ被害などの情報は入っていない。東京電力と北陸電力によると、新潟県の柏崎刈羽原発、石川県の志賀原発のいずれも異常は確認されていない。

 石川県珠洲市の女性は「横方向の強い揺れが10秒ほど続いた。冷蔵庫につかまらないと立っていられないぐらいだった」と話した。