全柔連、普及担う責任者に井上氏

新設委、強化副委員長も

© 一般社団法人共同通信社

井上康生氏

 全日本柔道連盟(全柔連)は16日、オンラインで理事会を開き、競技の普及や魅力発信などを担う「ブランディング戦略推進特別委員会」を新設し、9月末で男子監督を退任する井上康生氏(43)が最高責任者のチーフストラテジーオフィサーへの就任を発表した。また10月1日付で男子担当の強化副委員長にも就任する。

 井上氏は「選択肢や価値観が多様化する現代社会において、柔道がどのような役割を担い、価値を提供できるのか。さまざまな意見を聞きながら社会貢献を目指していきたい」とコメント。