貨物宇宙船「天舟3号」、発射エリアへ 近く打ち上げ

© 新華社

貨物宇宙船「天舟3号」、発射エリアへ 近く打ち上げ

16日、貨物宇宙船「天舟3号」を搭載し、発射エリアへ移動する運搬ロケット「長征7号遥4」。(文昌=新華社配信/胡煦劼)

 【新華社文昌9月17日】中国の貨物宇宙船「天舟3号」を積んだ運搬ロケット「長征7号遥4」が16日、海南省の文昌宇宙発射場で発射エリアへの移動を終えた。中国有人宇宙プロジェクト弁公室が明らかにした。時期を見計らい打ち上げを実施するという。

 同発射場の施設や設備状況は現在良好で、今後は計画に基づき、打ち上げ前の各機能の点検や調整テストなどが行われる。

貨物宇宙船「天舟3号」、発射エリアへ 近く打ち上げ

16日、貨物宇宙船「天舟3号」を搭載し、テスト場で移動を待つ運搬ロケット「長征7号遥4」。(文昌=新華社配信/胡煦劼)

貨物宇宙船「天舟3号」、発射エリアへ 近く打ち上げ

16日、貨物宇宙船「天舟3号」を搭載し、テスト場から発射エリアへ移動する運搬ロケット「長征7号遥4」。(文昌=新華社配信/胡煦劼)

貨物宇宙船「天舟3号」、発射エリアへ 近く打ち上げ

16日、貨物宇宙船「天舟3号」を搭載し、発射エリアへ移動する運搬ロケット「長征7号遥4」。(文昌=新華社配信/胡煦劼)

貨物宇宙船「天舟3号」、発射エリアへ 近く打ち上げ

16日、貨物宇宙船「天舟3号」を搭載し、発射エリアへの移動を終えた運搬ロケット「長征7号遥4」。(文昌=新華社配信/陳昊傑)