【香港】子どものワクチン接種は1回で、政府専門家[社会]

© 株式会社NNA

香港政府衛生署衛生防護センター(CHP)が管轄する科学、医学専門家チームと行政長官の顧問専門家チームは15日に合同会議を開き、12~17歳の子どもの新型コロナウイルスワクチン接種について、回数は2回ではなく1回のみを推奨する方針をまとめ、政府に提言した。

接種ワクチンはドイツのバイオ企業ビオンテックと中国製薬大手の上海復星医薬(集団)が共同開発した「復必泰(コミナティ)」を推奨。既に2回目の接種を予約している12~17歳の子どもについては、オンライン上での予約をいったん取り消し、居住区の地域接種センター(CVC)で接種した場合のリスクなどの説明を受けてから決定するよう呼び掛けている。

衛生署によると、復必泰については域内外で接種後に心筋炎や心膜炎の症状が出るケースが報告されており、このうち大部分は若者の2回目接種後であることが分かっている。