<あのころ>海底火山が噴火

「明神礁」と命名

© 一般社団法人共同通信社

1952(昭和27)年9月17日、伊豆諸島の青ケ島南方60キロで海底火山が噴火し、新しい島ができた。発見した漁船名にちなみ「明神礁」と命名。24日に再度噴火し、31人を乗せた海上保安庁の測量船が行方不明になった。島はその後消滅。写真は19日、巡視船「しきね」から見る噴煙。