ヘリと同一空域で有人ドローンを試験運用 中国・深圳

© 新華社

ヘリと同一空域で有人ドローンを試験運用 中国・深圳

15日、深圳市塩田区の東部通航運用基地で試験飛行を行う億航智能の有人ドローン。(深圳=新華社記者/毛思倩)

 【新華社深圳9月17日】中国の低空域ゼネアビ(一般航空)・ヘリ運用事業者の深圳市東部通用航空と小型無人機メーカー、広州億航智能技術(イーハン)は15日、粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)で、アーバンエアモビリティー(都市航空交通:UAM)融合空域試験運用プロジェクトを実施すると発表した。特定のヘリ・自律型有人ドローン(旅客用無人機)融合空域で、UAMの運用モデルを模索する。

ヘリと同一空域で有人ドローンを試験運用 中国・深圳

15日、深圳市塩田区の東部通航運用基地で試験飛行を行う億航智能の有人ドローン。(深圳=新華社記者/毛思倩)

ヘリと同一空域で有人ドローンを試験運用 中国・深圳

15日、深圳市塩田区の東部通航運用基地で試験飛行を行う億航智能の有人ドローン。(深圳=新華社記者/毛思倩)

ヘリと同一空域で有人ドローンを試験運用 中国・深圳

15日、同一空域で試験飛行を行う「ベル206」ヘリ(右)と億航智能の有人ドローン。(小型無人機から、深圳=新華社配信)

ヘリと同一空域で有人ドローンを試験運用 中国・深圳

15日、同一空域で試験飛行を行う「ベル206」ヘリ(右)と億航智能の有人ドローン。(深圳=新華社記者/毛思倩)

ヘリと同一空域で有人ドローンを試験運用 中国・深圳

15日、深圳市塩田区の東部通航運用基地で試験飛行を行う億航智能の有人ドローン。(深圳=新華社記者/毛思倩)

ヘリと同一空域で有人ドローンを試験運用 中国・深圳

15日、同一空域で試験飛行を行う「ベル206」ヘリ(右)と億航智能の有人ドローン。(深圳=新華社記者/毛思倩)

ヘリと同一空域で有人ドローンを試験運用 中国・深圳

15日、深圳市塩田区の東部通航運用基地で試験飛行を行う億航智能の有人ドローン。(小型無人機から、深圳=新華社配信)

ヘリと同一空域で有人ドローンを試験運用 中国・深圳

15日、同一空域で試験飛行を行う「ベル206」ヘリ(右)と億航智能の有人ドローン。(深圳=新華社記者/毛思倩)

ヘリと同一空域で有人ドローンを試験運用 中国・深圳

15日、深圳市塩田区の東部通航運用基地を離陸する「ベル206」ヘリ(右)と億航智能の有人ドローン。(深圳=新華社記者/毛思倩)