アモイ財産権取引センター、中国初のブルーカーボン取引を完了―中国メディア

© 株式会社 Record China

中国初のブルーカーボン取引サービスプラットフォームとしてのアモイ財産権取引センター(アモイ市炭素・汚染物排出権取引センター)で12日、初のブルーカーボン取引である泉州洛陽江マングローブ生態修復プロジェクトの2000トンブルーカーボンが、同センターブルーカーボン取引プラットフォームで順調に行われた。

同プロジェクトは外来種駆除後のマングローブ再建に関わるため、炭素固定、生物多様性の保護、環境浄化、底泥堆積の抑制といった総合的な生態・環境保護の意義を兼ね備える。エコロジーなブルーカーボンの増加、総合生態サービス機能、コミュニティー経済連動発展のモデル効果を際立たせている。

同プロジェクトのカーボン試算は、アモイ財産権取引センターがアモイ大学環境・生態学院の陳鷺真(チェン・ルージェン)教授らに開発を委託した、マングローブ造林カーボンプロジェクト方法学によって行われた。科学研究チームの20年以上の科学研究に基づき、中国沿岸部の湿地の特徴により合致する試算パラメータを採用した同方法学は、中国が独自に開発した初のマングローブブルーカーボン方法学でもあり、非常に重要な科学的意義と市場誘導の価値を持つ。(提供/人民網日本語版・編集/YF)