東京マラソン、10月の開催断念

緊急事態宣言延長で

© 一般社団法人共同通信社

昨年行われた東京マラソン=20年3月1日、都庁前

 東京マラソン財団は17日、新型コロナの影響で10月17日の大会開催を断念すると発表した。東京都などに緊急事態宣言が発令され、安全な運営が難しいことなどを理由に挙げた。大会の1カ月前以降に宣言が発令されている場合は中止する、と要項に明記していた。

 出場予定だったランナーは来年3月6日の大会を走るか、走らずに参加料などを返金してもらうかを選べる。10月に意向調査を行う方針。来春は今秋と同じ2万5千人規模で開催方向で、10月に出場予定だったランナーの参加が優先される。

 昨年はエリートランナーのみに絞って開催し、一般参加者の出走権は今年か来年の大会に移行した。