「野球できず、仕事も辞めて…」 自ら“就職先”見つけた元燕右腕、退路断つ現役続行

© 株式会社Creative2

ヤクルトでも活躍したBC茨城のラファエル・フェルナンデス【写真:千葉麗美】

現役復帰を賭けたWBC予選に通訳を辞めて参加も、コロナ禍で無期限の延期に

新型コロナウイルスの感染拡大は日常生活だけでなく、野球界にも深刻なダメージを与えた。プロ野球が開幕延期や無観客になる一方で、野球人生の岐路に立たされた選手もいた。元ヤクルトでブラジル代表としても活躍したラファエル・フェルナンデス投手だ。

「野球もできずに仕事も辞めたからもうどうしようと……」

2020年3月、米アリゾナ州で開催されるはずだった第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の予選が、直前で無期限の延期となった。この大会に並々ならぬ思いで参加していた35歳右腕が、ショックを隠せなかったのには大きな理由があった。現役復帰のチャンスに賭け、2017年途中からスペイン語の通訳を務めていた日本ハムを退団していたからだ。

2008年ドラフト会議の育成1巡目で白鴎大からヤクルト入りしたフェルナンデスは、2011、12年には1軍で10試合に登板。1勝を挙げたものの2013年オフに戦力外通告を受けた。その後は独立リーグやクラブチーム、豪州ウインターリーグでなどでプレーを続けたが、2017年には所属チームがなく通訳の仕事に。それでも「まだ選手としてやりたい気持ちを(球団には)伝えていたんです」と、現役復帰を諦めてはいなかった。

しかし、通訳の仕事を捨てて挑んだ大会は無念の中止。失意のうちに日本に戻ってきたが、「奥さんもいて、子どもも生まれたので……」と落ち込んでいる暇はなかった。プロ選手の多くはチーム探しなどの交渉を代理人に任せるが、フェルナンデスの場合は全てを1人でやる。「自分から色々なところに声をかけました。エージェントがいないからそういうことも自分でやるしかない。そうしないと次がないですね」。そんな中で練習生としての契約を申し出てくれたのがルートインBCリーグの茨城アストロプラネッツだった。

ブラジルのサンパウロ出身で、大学入学とともに来日した異色の右腕が苦境に立たされたのは今回が初めてではない。2016年にWBC予選に出場した際にもクラブチームを退部。野球とは無関係の仕事をしながら、やっと声をかけられたのが日本ハムの通訳だった。では、なぜ退路を断ってまで現役にこだわるのだろうか?

13年WBCで侍ジャパン相手に3回1失点の好投「目標はまたビッグステージで」

選手生活で最も注目を浴びたのは、2013年WBCでの侍ジャパン戦だった。野球の強豪国とは言えないブラジル代表は、予選決勝ではフェルナンデスの6回無失点の好投でパナマを破り初の本大会出場を掴む。その勢いのまま、第1ラウンド初戦の日本戦では先発のフェルナンデスが3回1失点。敗れたものの8回までリードを奪い、前回王者に冷や汗をかかせた。

「目標はまたビッグステージで。NPBに戻るかメキシカンリーグに行くかですね。いい緊張感がないと調子が出ない。それをコントロールして自分の力に変えるんです」

大舞台を“得意”と自負する右腕が見据えるのは、NPBとメキシカンリーグだ。今季はここまで、ワンポイントを中心に13試合に登板して防御率9.72(14日現在)。「選手としては今年で終わる可能性もある」と後がないのはもちろんわかっている。それでも前を向き続ける原動力となっているのはブラジル代表のバリー・ラーキン監督の教えだ。

ラーキン氏はメジャーリーグのレッズで通算2340安打、379盗塁、198本塁打を放ち、2012年に米殿堂入りしたレジェンド。そんな指揮官の野球に向き合う姿勢に感銘を受けた。「ネガティブなことを一切言わないんです。今日はできなかったけど明日は絶対できるからと、いつも最後はポジティブなんです」。苦しいときにはその言葉をいつも思い出してきた。「絶対、次は大丈夫」と。

35歳とベテランの領域に入り、ブランクの影響もあって苦戦も「145~46キロくらいまで届けばまだまだ魅力はあると思う」と自信はある。さらに、ヤクルトで培った日本の野球に、ブラジル代表のラトロイ・ホーキンス投手コーチらから学んだメジャー流の攻め方や考え方を融合させ、投球術も深みを増した。

「結果はどうなるかわからないですけど色々やっていきます」。もう一度、ビッグステージへ……。独立リーグのシーズンも終盤戦へ差し掛かるが、フェルナンデスの挑戦は続く。(工藤慶大 / Keita Kudo)