北陸が継投で藤島の反撃かわし8強進出 2021秋の高校野球福井県大会2回戦

© 株式会社福井新聞社

第145回北信越地区高校野球福井県大会2回戦・藤島―北陸 北陸2番手で登板した竹田零士=9月18日、福井県敦賀市総合運動公園野球場

 第145回北信越地区高校野球福井県大会は9月18日、福井県営球場と敦賀市総合運動公園野球場で2回戦4試合を実施。敦賀市総合の第1試合は北陸が藤島を6―3で破り、準々決勝へ進出した。

⇒【写真特集】藤島―北陸(写真27枚)

北陸 100  003  101…6 000  003  000…3 藤島

午前8時51分試合開始 12時40分試合終了

■北陸 百田璃希、竹田零士―桑原拓海 ■藤島 早瀬芸織―井元龍之介

⇒【藤島―北陸】全打席の結果はこちら

 北陸は初回、先頭の平澤剛が右前二塁打で出塁、犠打と四球などで1死二、三塁とチャンスを広げると、矢納弘也の左犠飛で1点を先制した。1―0の三回終了後、雨が強くなり約1時間45分間試合中断した。六回1死一、二塁から平澤の中越え適時二塁打で2点追加、幸鉢直優にもタイムリーが出てこの回3点を奪った。六回裏に3点を失ったが、七回と九回に1点ずつを加え逃げ切った。

 藤島は1点を先制された一回裏1死一、三塁の好機は後が続かず無得点。4点を追う六回、1死二塁から黒瀬太靖の中前適時打で1点を返すと、2死二、三塁から井元龍之介の右中間を破る二塁打で2点を加え3―4の1点差に迫ったが、その後は北陸の継投に抑えられた。

 18日は当初、2回戦6試合が行われる予定だったが、天候不順のため4試合に変更になった。

■高校野球福井県大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で高校野球福井県大会の全試合を打席ごとに速報します。プレー写真も更新し、スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら