台風14号が温帯低気圧に

関東甲信は大雨警戒続く

© 一般社団法人共同通信社

台風14号の経路(温帯低気圧)

 西日本を東に進んで横断した台風14号は18日午後3時、静岡県沖で温帯低気圧に変わった。19日にかけて伊豆諸島付近を通過する見込みで、関東甲信は19日早朝にかけて大雨の恐れが続く。気象庁は土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に警戒を呼び掛けている。

 総務省消防庁などによると、これまでに和歌山、福岡、佐賀、長崎、沖縄の各県で7人が負傷。和歌山県美浜町では18日未明に竜巻の可能性が高い突風が吹いて住宅約50棟の屋根瓦が飛ぶなどし、割れた窓ガラスで小学5年の男児(11)がけがをした。他に高知県黒潮町の川岸で60代女性が遺体で見つかり、県警が台風との関連を調べている。

この記事はいかがでしたか?