宮迫博之がアンチに異例のお願い「そういうのやめましょうよ」 ファン買収サイトも出現

© 株式会社東京スポーツ新聞社

懇願した宮迫(東スポWeb)

お笑い芸人・宮迫博之(51)が18日、自身のユーチューブを更新しファン買収と疑われるサイト掲載に異例のお願いをした。

宮迫は走行中の車中から「宮迫を応援するメッセージを書くと600円貰えるお仕事の件につきまして」のタイトルで緊急動画をアップ。

宮迫によるとネット上で働いてくれる人を募集する人と働きたい人をマッチングさせるサイトCrowdWorksに宮迫への応援メッセージの募集が掲載されたという。1記事あたり600文字で600円を差し上げるというもの。

これに対して宮迫は「応援してくれてる人が立ち上げてくれてるのかもしれないです。(記事が出た時に)『これもお金が発生しているから書いてるんだと思われる』可能性もあります。深読みするとそんな風に思わせる嫌がらせなんかなと受け取ったりもするんで」と複雑な表情を浮かべた。

続けて「ご好意で立ち上げてくれたものであって欲しいんですけど変な誤解を招いてしまうので。こういことも他の雑誌社とかがちょっと変な感じに書かれてしまうとよくないと思う。もしこれを見ていただけているのであればやめていただきたい」とお願いした。

宮迫をめぐっては「雨上がり決死隊」解散における相方・蛍原徹への〝不義理〟が明らかになり、アンチが増殖。先日、後輩芸人のなかやまきんに君とコラボ動画を公開した際には、きんに君側の低評価数が高評価数を上回ったことでニュースになった。

これに宮迫は「中身も見ずにBadつけている人たくさんいらっっしゃる。たぶんアンチ。僕の動画の方は低評価多くない。きんに君にBad付けたら『宮迫ショックじゃないか』ってことだと思う」と分析。

その上で「そういうのやめましょうよ、本当に。誰も得しないと思うんです。もっと幸せを目指していきましょうよ、皆さん。せめて中身を見て下さい」と切実な表情で訴えた。