業務スーパーのはちみつはブルガリア産が濃厚美味!レシピや中国産との比較も紹介

© 株式会社オールアバウト

■業務スーパーのブルガリア産「純粋はちみつ」が美味しくて安い!

あわせて読みたい

◆【業スー】時短に◎「揚げなす乱切り」の油抜きテクは?

業務スーパーには3種類の「純粋はちみつ」があります。価格とパッケージなどから好みに合うものを選べるのがいいですね。

以前私はスペイン在住時に養蜂家さんを訪れて、はちみつの作りを見学させてもらったことがあります。そのとき食べたはちみつの味がずっと忘れられませんでした。業務スーパーでブルガリア産のはちみつを見つけたので、国こそ違うものの、ヨーロッパのはちみつということで「味が似ているかもしれない」と「純粋はちみつ」を購入してみました。

まずは業務スーパーのブルガリア産の「純粋はちみつ」のおすすめのポイントからご紹介します。

【2021年版】業務スーパーで買うべきおすすめ商品!人気の定番商品から売れ筋まで

【2021年版】業務スーパーおすすめ調味料25選!安くて激ウマ簡単レシピも紹介

1.相場より安価!

業務スーパーのブルガリア産「純粋はちみつ」は、250g入りで408円(税込)です。ヨーロッパからの輸入品なので割高になりやすい側面もありますが、一般的な相場よりは安い印象です。

ちなみに、輸入食材が豊富なカルディの輸入はちみつと比べてみましょう。カルディのカナダ産のはちみつは、375g入りで価格は849円(税込)でした。

【カルディの輸入はちみつと比較】

カルディのカナダ産はちみつ……2.264円/g

業務スーパーのブルガリア産はちみつ……1.632円/g

同じ産地ではないのと品質の差はわからないので、厳密な比較はできませんが、コスパ比較としてはgあたり0.6円も安いことがわかります。

2.ブルガリアから直輸入

ブルガリアと言えばヨーグルトが有名ですが、実は養蜂も盛ん。高級はちみつの専門店でもブルガリア産のはちみつが高価格で販売されているので、国としてはちみつ品質のレベルは高そうです。

業務スーパーの「純粋はちみつ」はそんなブルガリアからの直輸入品です。

3.スイーツ・ドリンク・料理などなんでも使える

我が家でははちみつは年間を通して常備しています。冬場はホットドリンクに加えて喉を守る、トーストにトッピングする、砂糖の代わりに料理に使うことも多いです。

業務スーパーの「純粋はちみつ」は季節を問わず、大活躍。濃厚な風味でいて、ナチュラルな甘みが好きです。

■業務スーパーのブルガリア産「純粋はちみつ」の魅力を紹介

業務スーパーのブルガリア産「純粋はちみつ」は瓶入りのはちみつで、パッケージも素朴なお洒落感がかわいいです。価格から風味まで詳細をお伝えしていきます。

業務スーパーのブルガリア産「純粋はちみつ」の 値段・価格・内容量やコスパ

業務スーパーの「純粋はちみつ」の内容量は、瓶入り250g。価格は408円(税込)です。おすすめの理由でも述べましたが、輸入品のはちみつとしては、お手頃価格です。

業務スーパーのブルガリア産「純粋はちみつ」の原材料・原産国

業務スーパーの「純粋はちみつ」の原材料・原産国は、以下のとおりです。

  • 品名:はちみつ
  • 原材料名:はちみつ(ブルガリア)
  • 内容量:250g
  • 保存方法:直射日光・高温多湿を避け常温で保存
  • 原産国:ブルガリア
  • 輸入者:株式会社 神戸物産

原産国はブルガリアで、原材料はブルガリア産のはちみつのみ。保存料・添加物は、一切入っていません。

業務スーパーのブルガリア産「純粋はちみつ」のカロリー・栄養成分表示

業務スーパーの「純粋はちみつ」の100gあたりのカロリー・栄養成分表示エネルギーは、以下のとおりです。

  • エネルギー:328kcal
  • たんぱく質:0g
  • 脂質は:0g
  • 炭水化物:82.0g
  • 食塩相当量:0.02g

カロリーは低めで、脂質が0という表示なのは、嬉しいですね。

業務スーパーのブルガリア産「純粋はちみつ」の賞味期限・保存方法

2021年9月上旬に購入した業務スーパーの「純粋はちみつ」の賞味期限は、2023年1月23日。保存料なしですが、意外と日持ちします。賞味期限が長いと安心しますね。

保存方法は、直射日光・高温多湿を避けて常温で保存してください。

業務スーパーのブルガリア産「純粋はちみつ」の味は濃厚で甘味が強い!

業務スーパーの「純粋はちみつ」はとても濃厚です。瓶の外側からも上部のリキッドの部分と真ん中あたりから白く濁った固形状の層になっているのが見えます。少し混ぜてから下の方の固い部分も一緒にすくうと、じゃりじゃりした食感で、より濃縮されたはちみつ味が楽しめます。

濃厚な分甘みも強いと感じます。

__DATA
業務スーパー┃純粋はちみつ__

内容量:250g

■業務スーパーのブルガリア産「純粋はちみつ」の美味しい食べ方やアレンジレシピ

業務スーパーの「純粋はちみつ」はそのままスプーンで食べるよりも何かにつける、アレンジして味わう方が美味しいです。おすすめのアレンジ方法を紹介します。

業務スーパーのブルガリア産「純粋はちみつ」のおすすめのトッピング

業務スーパーの「純粋はちみつ」のおすすめの使い方は、定番ですが、やはりパンケーキやホットケーキ。バターとはちみつの相性は完璧です。

他には、切り餅にきな粉と一緒にトッピング。砂糖よりもどこか和風で優しい味わいなので、気に入っています。

もうひとつは、意外ですが、冷ややっこにトッピング。スペインではカッテージチーズのようなあっさりしたチーズにはちみつをかけたデザートがあるので「もしかしたら木綿豆腐にも合うかも!?」とやってみました。

豆腐にはちみつをかけるとヘルシーなデザート、おやつになります。

■業務スーパーのはちみつの種類いろいろ!中国産の1kg、250g入りも!

業務スーパーにはブルガリア産「純粋はちみつ」以外にも、中国産「純粋はちみつ1kg」、中国産「純粋はちみつ250g」があります。

ほぼ固形状になっている部分もあるブルガリア産の「純粋はちみつ」と比べて、中国産のものは完全にリキッド状でさらさらで、計量しやすい印象も。色を比べてもブルガリア産のほうが黄色味が強く、中国産のほうが味があっさりしています。

価格は、中国産「純粋はちみつ1kg」は、534円(税込)。中国産「純粋はちみつ250g」は、160g(税込)。価格は中国産のほうが安いですね。

業務スーパーの中国産「純粋はちみつ1kg」は量が魅力!

業務スーパーの中国産「純粋はちみつ1kg」は我が家にもあります。3カ月ほど前に購入したのですが、まだまだあります。しかし、はちみつを家族みんなで頻繁に使う、調理の際に城佐藤代わりに使うというはコスパがよくておすすめです。

価格は1kgで534円(税込)で、安価。原材料は、菜の花はちみつとビテックスはちみつのミックスです。

__DATA
業務スーパー┃純粋はちみつ1kg__

■業務スーパーのはちみつ関連商品もおすすめ

業務スーパーには他にもはちみつに関連する商品があります。紹介します。

業務スーパーの「オリゴ糖はちみつ」「くるみのはちみつ漬け」

見つけられなかったのですが、業務スーパーには「オリゴ糖はちみつ」もあるようです。価格は、300円程度(税込)です。

また「くるみのはちみつ漬け」も私が行った店舗にはありませんでしたが、店舗によっては置いてあるところもあります。価格は、400円程度(税込)です。

__DATA
業務スーパー┃オリゴ糖はちみつ__

__DATA
業務スーパー┃くるみのはちみつ漬け__

業務スーパーの「クリームはちみつ」は濃厚な甘さが特徴

「純粋はちみつ」ブルガリア産からさらに水分がとんだようなスプレッド状なのが「クリームはちみつ」。試したことがあります。少し使いにくさはありますが、濃厚な甘さが好きな方にはぴったりだと思います。

価格は、500円程度(税込)です。

__DATA
業務スーパー┃クリームはちみつ__

業務スーパーの「スパイスケーキ(はちみつ)」は香ばしさとまろやかさが◎

業務スーパーの「スパイスケーキ(はちみつ)」は、ケーキとハチミツも相性ぴったり。スパイスの香ばしさとまろやかなはちみつのフワフワしたカットケーキです。

価格は、300円程度(税込)です。

__DATA
業務スーパー┃スパイスケーキ(はちみつ)__

業務スーパーの「はちみつ入り梅」は柔らかな風味

普通の梅干しは、しょっぱすぎたり、酸っぱすぎたりしますが、業務スーパーの「はちみつ入り梅」ははちみつのまろやかさが加わって、風味が柔らか。ふんわりふっくらとした食感も印象的な梅干しです。

価格は、200円程度(税込)です。

__DATA
業務スーパー┃はちみつ入り梅__

■業務スーパーの「純粋はちみつ」のQ&A

業務スーパーの「純粋はちみつ」のその他の質問に答えてみました。

業務スーパーの「純粋はちみつ」は小分けタイプも売っている?

2021年9月現在で、小分けタイプの業務スーパーの「純粋はちみつ」は見たことがありません。

業務スーパーの「純粋はちみつ」は非加熱? 安全性は?

業務スーパーの公式サイトによると、ブルガリア産「純粋はちみつ」は、低温で丁寧に加熱充填されています。殺菌処理されているという点で安心ですね。

業務スーパーの「純粋はちみつ」の偽物といううわさは本当? 本物?

業務スーパーの「純粋はちみつ」は、原材料の表示から、はちみつ以外のものは含まれていないので、偽物ではない「純粋はちみつ」で間違いないと思います。

業務スーパーの「純粋はちみつ」はまずい? 口コミを調査!

業務スーパーの「純粋はちみつ」は、まずいという口コミもあるようですが、特に美味しくないとは感じませんでした。

ブルガリア産の「純粋はちみつ」は特に濃厚な蜜の味が美味しいと思います。それと比べると、中国産「純粋はちみつ」はさらっとしたシロップっぽい風味のはちみつだと感じる人もいるかもしれません。

■まとめ:業務スーパーの瓶入りブルガリア産「純粋はちみつ」が美味しい!

美味しさ:★★★★

アレンジ度:★★★

コスパ:★★★

(星5つ中)

パンに塗ったり、調味料として砂糖の代わりに料理に使ったり、紅茶やハーブティーに入れて喉を潤したりと、いろんな使い方ができる便利なはちみつ。業務スーパーの「純粋はちみつ」は、ブルガリア産、中国産1kg、中国産250gのものがあります。

いちばんのおすすめは、ブルガリア産。価格と量だけをみると中国産には勝てませんが、味はブルガリア産の方が濃厚で美味しいと思います。

さらに、ずっと探していたスペインでのはちみつの味に似ていました。瓶なので使いにくいのが少し残念ですが、素朴なかわいさがあるパッケージにも惹かれます。

あわせて読みたい

[(https://www.ichi-oshi.jp/articles/common/489404?utmmedium=app&utmsource=smartnews&utm_campaign=gourmet)[◆【業スー】冷凍オムライスが高コスパ!アレンジ方法は?](https://www.ichi-oshi.jp/articles/common/489404?utm_medium=app&utm_source=smartnews&utm_campaign=gourmet)

[(https://www.ichi-oshi.jp/articles/common/489557?utmmedium=app&utmsource=smartnews&utm_campaign=gourmet)